口座開設 ログイン STREAM公式

東大発フィンテックベンチャーFINATEXTが証券業に参入

2017年11月6日
BAAS(*1)構想に基づくプラットフォーム型証券ビジネスの展開において、大和証券グループ本社等との資本業務提携を基本合意。
1. 証券業参入の狙い
株式会社Finatext (代表取締役: 林 良太、以下、「当社」)は、この度、「株式会社スマートプラス」 (代表取締役:藤江典雄、以下、「スマートプラス」)を設立し、関係当局への登録手続き完了を条件として証券業へ参入することをお知らせいたします。 スマートプラスはブローカレッジ、注文執行をプラットフォーム化するBaaS 構想を基盤として、委託手数料のみに頼らない新たなビジネスモデルを創造します。その実効性を高めるため、株式会社大和証券グループ本社(執行役社長:中田 誠司、以下「大和証券グループ本社」)、大和証券株式会社(代表取締役社長:中田 誠司、以下「大和証券」)と資本業務提携を締結することにより、堅牢な基盤で低取引コストを実現しいたします。また、当社本来の強みであるサービス開発を掛け合わせることで、個人投資家に新たな価値を提供いたします。
2. これまでの証券業界の課題
昨今の証券業界は取引コストの低下を背景として、個人投資家の増加に寄与している一方で、取引ツールが複雑且つ、画一的になりがちであることで、初心者の方や長期投資を志向する方々には、投資に関して心理的な参入障壁が存在していることが当社の調査を分析した結果、判明いたしました。
具体的には、当社アプリのユーザーの多くが既存の取引ツールの複雑さを理由として一度も取引しないことが判明しております。我が国において、「貯蓄から投資へ」というフレーズが長年にわたり掲げられているにもかかわらず、金融機関の預金およびタンス預金が過去最高額を更新し続けている(*2) (*3)背景には、資産運用への無関心が原因ではなく、むしろ一定の関心があるお客様の大多数がその入り口で挫折してしまう点に大きな要因があるとみられます。

(*1) BaaS(Brokerage-as-a-Service)とは、ブローカレッジ、注文執行などの典型的な証券サービスをプラットフォームとして開発および提供する構想のこと。証券サービスをプラットフォーム化することで、利用者はフロントの証券サービス開発に専念し、顧客の趣向に応じた様々な証券サービス開発が可能となる。顧客は現状よりも有利な売買条件で注文執行が行えたり、取引コストを現状よりも大きく低下させたりすることが期待されている。
(*2) 出所:第一生命経済研究所
(*3) 出所:日本銀行

なお、本件に関するご質問等につきましては下記の窓口よりご連絡ください。

株式会社Finatext について
東大出身者を中心に2013 年12 月に設立した、次世代ウェルス・マネジメント・サービスを提供するFintech ベンチャー。リテール向けにモバイルサービス(累計200 万DL を越える投資コミュニティアプリの開発・運営) や投資関連のアルゴリズム等を提供するFinatext(フィナテキスト)と、機関投資家向けにビッグデータ解析サービスを提供しているNowcast(ナウキャスト、2016 年8 月統合)の両社を軸に、日本だけでなく、世界各地(台湾、マレーシア、ベトナム、イギリス)で事業を展開しております。

お問い合わせ先
株式会社Finatext 経営企画室:高橋充
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-8 MLC 麹町ビル4階
Mail: infofinatext.com
HP: https://finatext.com
プレスリリース一覧へ

コミュニティ型
無料株取引アプリ

コミュニティで楽しみながら株取引。最新情報や取引アイデアが満載だから、今知るべき注目情報を見逃さない。
アイデアにピンときたらスムーズに取引へ。しかもSTREAMは株取引手数料がずーっと無料!

STREAM公式 STREAM公式

アプリでの口座開設はこちら

スマートフォン
QRコードを読み込んでください